スーパーの冷蔵管理の秘密

今回は株式会社ヤマナカへ取材に伺った際に冷蔵管理について話題になったので深堀りして調べました!

スーパーの温度管理が大切な二つの理由

スーパーの温度管理が大切な理由は、食中毒のリスク削減と廃棄ロスです。温度管理を怠ると食品内で食中毒菌が繁殖し、食品事故を起こす可能性があります。特に鮮度の劣化しやすい魚介類や、加工するお肉、店内調理のお弁当やお惣菜は注意が必要です。また、食品事故につながらなくても、温度以上が発生した生鮮食品や冷凍食品は販売できません。 そのため厳格な食品の温度管理を行う必要があります。

どうやって温度管理しているの?

温度管理のやり方として、ほとんどのスーパーが店舗内にある各売り場のショーケースに温度計を設置し、目視で温度を確認後、温度管理表に記入するという方法をとっています。 この方法には、売り場が広くスタッフの業務負担が大きいことや閉店中の温度以上への対応が難しいなど、まだまだ課題が残っているようです。

最後に

我々が普段何気なく使用しているスーパーにはスタッフの苦労が隠れているのですね! まだまだ温度管理方法には、課題が残っているそうなのでこれからのスーパーマーケット業界における温度管理技術の進化には期待したいです!!

レポーター:名城大学1年 箕浦琢真

関連記事

  1. ROEってなに?

  2. プロトコーポレーションのAI活用

  3. 自家培養表皮って何?

  4. トヨタ自動車の安全の秘密

  5. ロボット大賞とは

  6. 合弁会社って何?

  7. Franteの沿革

  8. ティッシュエンジニアリングについて

  9. 営業利益率について