ティッシュエンジニアリングについて

ティッシュエンジニアリングって?

ティッシュエンジニアリングとは機能を失った臓器や組織の代替品を、生命科学と工学をうまく組み合わせて作り出す考えのことを指します。1993年にアメリカの工学者と医師が提唱した考え方だそうです。

再生医療とはどんな関係があるの?

事故や病気などによって失われた組織の再生を目的とした再生医療の中で実際に実用化されているのがティッシュエンジニアリングだそうです。

スポーツ選手にも!

実際にスポーツ選手にも使われています。強度の高いトレーニングなどですり減ってしまった軟骨などを再生して治療するそうです!

最後に

再生医療という言葉を聞いたことはあっても実際にどのようなことをしているか知りませんでしたが、今回の取材を遠いして再生医療というのがとても将来性のある医療ということがわかりました。 薬物治療だけでは治せなかった怪我なども今後再生医療が発達していくことで治すことができるようになるかもしれませんね!

レポーター:名城大学2年 片野源也

関連記事

  1. Franteの沿革

  2. 営業利益率について

  3. 自家培養表皮って何?

  4. ROEってなに?

  5. スーパーの冷蔵管理の秘密

  6. グローバルなFUJI

  7. ロボット大賞とは

  8. トヨタ自動車の安全の秘密

  9. プロトコーポレーションのAI活用