グローバルなFUJI

今回はFUJIへ取材に伺った際にFUJIの海外とのつながりについて調べました!

電子部品実装ロボットを手がけるFUJIですが、FUJIはとてもグローバルな会社です!

会社全体として中国30%、アジア26%、北米21%、ヨーロッパ11%と世界中に出荷されており、なんと60カ国以上の国と取引が!

拠点

60カ国以上の国と取引のあるFUJIですが、全て直接取引があるわけではなく、海外に代理店や子会社がいくつもあり、その子会社が機械の販売をしているそうです。

社内

グローバルな企業であるFUJIは海外から視察に来られるお客様向けにショールームがあります。そのショールームの入り口のスペースは「和」をモチーフにデザインされていました。海外から来られた方に日本らしさを味わって欲しいという意味が込められているそうです!

最後に

スマホが当たり前という時代の中、スマホ関連の会社に対してFUJIの機械に需要があり、今後も売上の軸となる一方で世界的にスマホが普及しているため、頭打ちという話を聞いて少し驚きました。しかし、自動車産業では「ガソリン車」から「電気自動車」という時代に移り変わってきていることで基板を作るための機械に需要があるという話を聞かせて頂き、FUJIの『新たな売上の柱』の存在を知ることができ、投資家目線でも企業の将来性を強く感じることができました!

レポーター:名城大学2年 片野源也

関連記事

  1. 無形資産って?

  2. 日本と海外の入浴文化の違い

  3. ティッシュエンジニアリングについて

  4. Franteの沿革

  5. トヨタ自動車の安全の秘密

  6. スーパーの冷蔵管理の秘密

  7. 合弁会社って何?

  8. ロボット大賞とは

  9. プロトコーポレーションのAI活用

  1. リンナイ

  2. 名港海運

  3. トヨタ自動車