無形資産って?

今回は無形資産について深堀りして調べました!

無形資産って?

無形資産は、会社や組織が持っている大切な資産です。これらは目に見えないけれども、企業にとって非常に重要なものです。たとえば、有名なブランドや特許、顧客のリストなどが無形資産として挙げられます。

無形資産って具体的にどんな物があるの?

代表的なものには、ブランド価値、特許、著作権、ソフトウェア、顧客リスト、営業権、そして研究開発成果などが挙げられます。これらの資産は、企業の競争力や市場での地位を支える重要な要素となっています。

無形資産の価値って?

無形資産の価値には以下の考え方があります

①対象となる無形資産の再取得や再生産に必要なコストを、当該無形資産の評価額とするコストアプローチ

②類似の無形資産の売買事例や、類似のライセンス契約のロイヤリティから算出するマーケットアプローチ

③対象となる無形資産が将来生み出すキャッシュフローから評価額を算出するインカムアプローチ

無形資産の重要性

無形資産は企業価値の重要な構成要素であり、ブランド価値や特許などの非物理的な資産が企業の競争力や成長に不可欠です。無形資産の適切な評価と管理は、企業の成功に不可欠であり、財務報告の透明性と信頼性を高めます。

 無形資産は、企業や組織が持っている目に見えないけれども、非常に価値のある資産なんですね。これらの資産をうまく管理することで、企業は競争力を高め、成長することができることを知りました。企業にはその企業にしかない無形資産がたくさんあると感じました。企業を調べるときにはその点も併せて考えてみると投資をする際に鞘が広がると思います!

参考文献
企業価値評価:無形資産の評価方法 (tabisland.ne.jp)
無形資産|用語集|デジマール株式会社 (digimarl.com)

レポーター:名城大学3年 岡凌央

関連記事

  1. 営業利益率について

  2. スーパーの冷蔵管理の秘密

  3. 日本と海外の入浴文化の違い

  4. ロボット大賞とは

  5. トヨタ自動車の安全の秘密

  6. Franteの沿革

  7. 合弁会社って何?

  8. プロトコーポレーションのAI活用

  9. ティッシュエンジニアリングについて