Franteの沿革

今こそ多くの人たちが利用し認知している高質スーパーFranteだが、当初はとても苦戦した

Franteの苦悩とブランド化

提供:(株)ヤマナカ

ヤマナカのイメージを変えるため、さらに上質なものを販売するためにブランド化を図ったFranteだが、いきなり受け入れてもらうことは難しかった。

それでも質や鮮度、商品の状態にこだわり続け、物流センターに届かないくらい小規模な生産者様と直接取引、鮮度を保つための運搬方法や、冷凍、冷蔵ケースの徹底した温度管理をするなど努力を重ね、今では愛知県を中心に8店舗も展開。

提供:(株)ヤマナカ

提供:(株)ヤマナカ

また同じFranteでも商品のバリエーションを変えるなど、その地域に愛される店舗づくりも懸命に取り組んでいる。

最後に

今後はさらに生鮮品を中心として売り場を拡大するなど、お客様が満足してもらえる環境を整えていくそうだ。ヤマナカのさらなる発展と飛躍を見守っていきたい。

レポーター:名城大学3年 河出享一郎

関連記事

  1. スーパーの冷蔵管理の秘密

  2. ティッシュエンジニアリングについて

  3. ROEってなに?

  4. グローバルなFUJI

  5. トヨタ自動車の安全の秘密

  6. 日本と海外の入浴文化の違い

  7. ロボット大賞とは

  8. 自家培養表皮って何?

  9. 営業利益率について