M&Aってなに?

M&Aが何となく合併、買収ということを知っている方も多いと思います!M&Aは現在の日本の企業にとって、非常に重要な成長方法だといわれています。今回はそんなM&Aについて調べてみました!

M&Aとは?

M&Aとは簡単に言うと企業の合併・買収を指します。細かく見ていくと合併、買収の仕方にもたくさんの種類があります。

合併・買収を詳しく見てみよう!

「合併」とは、企業の成長力を上げるためにいくつかの会社が1つになることを指します。
合併の種類
・吸収合併
 吸収される側の権利義務が吸収する側の会社に承継されます。
・新設合併
 合併する企業一つの新しい企業を建て、合併前の企業はどちらも法人格を失います。

「買収」とは、会社そのものや会社の事業買い取り自分のものにすることです。買収後、企業の経営権や事業を受け取れますが、会社として存続し続けます。
買収の種類
・株式譲渡
 会社の株主が買い手に株式を売り経営権をあげて、お金を受け取る方法です。
・事業譲渡
 事業のすべてまたは一部の権利を買い手に売りし、お金を受け取ります。事業譲渡後も売り手は自身の企業の経営権を持ったままになります。

M&Aといっても多くの取引があって調べていて面白いなと思いました!

M&Aが日本を成長させる!?

売却側の目的              
①後継者不足問題の解決 
②経営基盤の強化
③創業者利益の獲得

買い手側の目的
①事業の拡大
②新規事業への参入
③相乗効果への期待

最後に!

これからの日本で、後継者不足問題を解決しながら、企業の成長を見込めるM&Aは主流になってくるかもしれません。特に、上場企業のような大きな企業のM&Aに関する動きは、社会全体に大きな影響を及ぼすと考えられます! 今後の社会の動きを的確にとらえていくためにも、M&Aについて知識を持ち、各企業の動きに敏感になることが大切だと学ぶことができました!

レポーター:名古屋大学支部2年 稲葉琉斗

関連記事

  1. 上場ってなんだろう

  2. 経常利益率と営業利益率って?